ドラクエ6完全攻略ブログ

※ただしドラクエ6に関するお問い合わせは一切お答えしかねます

珈琲1杯250円を渋るくせに300円の辛子明太子を平気で腐らせる


じつは先週の木曜から今日まで休んでました。


休み、消化しないといけないので



ホントは3月に休んで青春18切符で東北らへんまで行ったりしたかったんですけど


上司に相談したら
「期末に何言ってんだ?バカなのか?」と言われたので
「ですよね」となった。




休みの間何してたかといえば、スマホ換えたり1人で映画見たり喫茶店で本読んだり大学に潜り込んだり



休み、最高〜!永遠に休んでたいわ。

遠くに行きたかったけれども



映画といえば「七つの会議」よかった

将来の夢は野村萬斎です




大学もおもしろかった。

"知"、集まってましたねぇ



(なんか大学んなかに家があった。何故)





構内をボケ〜と歩いてたら「ちょっとあなた!」と大学の人に止められて

大学入試会場だからこれ以上先に行くなって怒られちゃいました


テヘペロでござんす




ちょっと前まで僕だって大学生だったのにねぇ

ウソみたいですね



そこらへん歩いてる大学生と

自分との間に決定的に溝があるのを感じました





大学では生協で本買って

よくわからんとこで読んで帰りました



書店は「科研費獲得のメソッド」みたいのが

目について心中察してしまった。

どこも大変なのね



大学については最近

吉見俊哉氏の新書をいくつかパラパラ読んだばかりで、

考えることが多いのだけど


ズラッと並んだ大学運営関係の専門書を見ると

うーん勉強すること多いなーと感じた次第です







え〜〜〜〜〜〜〜〜〜
転職の話を書きます

もう3ヶ月くらい前のことになるけど



転職できませんでした。以上!





筆記試験を受けに東京まで行ったっていうのを以前書きましたが


それがまぁなんとか通りまして


面接を受けにまた東京行ってきたんですが



落ちましたね〜〜〜〜〜〜




金曜まで普通に仕事して
土曜朝一の飛行機乗って東京行って面接受けて
夜友達と飲み行って
日曜朝一の飛行機で帰って
美容室行って←
月曜から普通に仕事っていう弾丸スケジュール。
キツかったです。


美容室で「お疲れですね」と言われたので

「朝まで飲みで…」と無駄に嘘をついてしまった。





東京ではムーミンパパ氏(@0god_bless_me0)と飲み行ってきました



ムーミンだってチェックインくらいできるのだ。)




二軒目はサイゼ行ってグラスワイン馬鹿みたいに飲んだ。


「二軒目にサイゼ行ってグラスワイン馬鹿みたいに飲む」ことってある?




ムミパパと喋ってたら

大学生以降使ってなかった脳の部分がムズムズ使われて

脳が筋肉痛みたいになりました




飲んでて、そろそろ終電かもしれんし帰るか〜つって

ボケ〜と駅まで行ったらホントに終電で焦りましたね


知らん土地で酔っ払うのはよくない!



あと新宿駅の「地下なのにハトいっぱいいるゾーン」は

よく見たら地下じゃなかったですね
普通に地上でした。クルックー!




また飲みに行きたいところ。今度は福岡ですネ




思わず撮った駐車場料金。







た、高ェ〜〜!

鹿児島は100円/1hとかそんなんだぞ!



生まれた土地って重要だと思うんですよね



たとえば

東京じゃなくても大阪、福岡どこでもいいですけど


生まれ育ったところに当然に電車が、移動手段としてあって

もう3〜5分おきに来る



かたや僕は、中高生んときはチャリだったし、

いまはほとんど車で移動

電車はあるけど来るの20〜40分おきだからあまり使わないし



それだけの環境の違いでも、ひとの考える根っこの部分というか、

スタート地点って変わってくるんじゃないか?



少なくとも、「電車」というものに対するイメージって都会と地方でだいぶ異なると思う


知らんけども。


駐車料金や電車の中高生をみてふと考えました。



いや〜、トキオ、最高。また行きたいです




というかまぁ
この転職活動から帰った3日後



かねてから計画していた旅行で
また東京行ったんですがね!!!





東京へ行って帰ってまた行って帰ってまた行って

何してんですかねホントに。

旅のしおりまで作っちゃってまぁ



創英角ポップ体で作ったのに、印刷したら

なぜか全部明朝体になってしまったのが唯一悔やまれる







採用面接の内容はあんまり覚えていない。



見城徹とか河出の日本文学全集とか話したのがいけなかったか?やっぱり



他社やん!




面接官いわく

僕が一番遠くから来た人とのことですごい労われたし

交通費もいただいたのでとてもありがたかった。


まぁ落ちたけど。








我ながら、なんで転職したいんだろう、と思うんです


なんでなんだろう?



こんなんだからそら面接も受からんわなぁ





この仕事をむこう30年できるかといえば、できねぇなぁと思う


でも、だからといってそれがいまの仕事を蔑ろにしていい理由にはならないし


そして、僕の尊敬する人たちが皆例外なく働き者だったり仕事ができる人だったから、僕もそうありたい


そんな感じで日々仕事を頑張っているわけで



でも、このままでいいのか…?とモヤモヤもしてたりして


今回衝動的に応募しちゃったのかしらん




まぁ転職することが絶対に良いこととも思いませんけどね




「転職しろ!」
「転職すれば良い人生が待ってる!」

という声は毎日聞こえてきますが


なんなら


「過払金を取り戻せ!」
「郊外にマンションを買え!」
「朝10時新台入替!」


というのも聞こえてきますが




うるせーー!!と一蹴してやりましょう



自分のことは自分で決めなきゃネ(所ジョージ風)




ひとつの仕事を黙々とずっとやってくひとだって

とんでもなくすごいですしね




みんな仕事ってどう思ってんのかな?


どうなん?モチベーションとかさ。



そのうえ税金やら年金やら車検やら共益費やら払ってさ。


偉すぎですよ皆さん。ホントに



なんやねん「共」の「益」の「費」って!




しかし、「仕事なんて時間の無駄、人生楽しまなくっちゃ!」

みたいなのも、う〜ん?となってしまう


仕事の世界で得られたこともたくさんあるし。




しかししかし、ひとはいつ死ぬかわからないんだから、

今を犠牲にしないで全力で人生を楽しむべきだとも思う…





難しいですね



「仕事って何だろう」とかゴチャゴチャ考えてる時点でダメなんですね



でも、やるんだよ!(©︎根本敬)の精神やね。






仕事の本ってアホほどあるからなぁ



ビジネス書の類いってあんま好きになれない。



読んですぐ役に立つ!と謳うものは、すぐ役に立たなくなるし

(↑橋本武先生のパクリ)



「人を動かす◯◯」みたいなのも、ひとを何だと思ってるんだ!と頭に来るしなぁ






ヨッピー『明日クビになっても大丈夫!』はおもしろかった。


まぁ、「明日クビになっても大丈夫なように、今のうちに行動しとけ!」

っていう内容だったからちょっと紛らわしいけれども



よければ読んでみてください。







ちなみに、面接の不採用通知

額に入れて部屋に飾ってます


意味わからないでしょう



これを見るたびに悔しさが思い出されて、

エネルギーがメラメラと湧いてくるんですね


かの家康公もやってたやつ(「顰像」でググれば出てくる)




この経験を忘れない。

何につながるかわからんけど




これからも御社の書籍のファンだぜ。

ヒッヒッヒ。



クリエイティブって何だろう

クリエイティブって一体何なんでしょうね。

もうホントぜんぜんわかりません。


よくコピーライティングの本なんかには「人とモノとの関係性をつくる(=クリエイトする)こと」みたいに書いてありますが。


「俺にこのペンを売ってみろ」と言われたら、あなたはどうやって売るか?「ウルフ・オブ・ウォール・ストリート」に出てくるあまりに有名なやりとり。人とペンを結びつけるのはクリエイティブの為せる技だ。



それは俺には関係ねぇぜ、って思ってる人に、「いや、あなたに関係あるんですよこれ!」と言うこと。これがどんなに難しいか。クリエイティブ=個性的!ステキ!カッコイイ!みたいな単純な話ではなく、とんでもなく泥臭いことだと思う。


道でお姉さんがいきなり笑顔で手振ってきたと思ったら、クレカの勧誘だった。僕とクレジットカードという、無関係なもの同士をつなげるという意味では、クリエイティブな行為だ。めっちゃくちゃウザいけど。



クリエイティブな物って何だろう?
大福にいちご入れてみよう!→いちご大福、とか、針金を曲げてみよう!→ゼムクリップ、とか、だろうか。


ゼムクリップ考えた人ってマジでスゴイと思う。だってこれただの針金の棒だぜ。それを曲げただけの物を人がお金出して買ってんだもん。よくこんなん思いついたな〜って思いながら使ってます。


こういうのって、誰にでも思いつけるけど、誰にも思いつかないですよね。クリエイティブとは矛盾の産物ではないか。何かと何かの間に補助線を引くということ。橋渡しをすること。伝えるということ。


では、伝えたことが「わかる」というのはどういうことなんだろう?という泥沼にはまっていく。



僕は明治時代の西洋音楽受容の過程を卒論のテーマにしたんですが(内容はクソ&クソ)、当時の文献を見ると、もうそのときから「音楽がわかる、わからない論争」をしてるんですね。
「楽器が弾けない人は音楽を本質的に理解できていない」「洋楽は何言ってるかわからんけど素晴らしさはわかる」みたいの。


こういうの、現代の2ちゃんとかYouTubeのコメント欄とかでもしょっちゅう見ますよね。
150年前からおんなじようなことをずーーっと言い合ってんです、私たち。もうそろそろ「わかる」ということがどういうことなのか、前に進めてもいいのではないか?



蛇口をひねれば水が出る。あれどういう仕組みなんですかね?しかし仕組みをググって調べて、それは「わかった」ということなのだろうか?とも思うんです。そしてそのまま、わからない仕組みに囲まれて日常を過ごしている…。




で。


伝えるためには、最低限の体裁が必要だ。コードを押さえないと、どんなに個性の発露だ!と言ったところで誰にも理解されない。


「理解される」という手続を踏む必要があるのだ。では誰が踏むのか?それは他人だ。だから「わかる人だけわかればいい」「これがわからない奴は無能」みたいなのはもう、そいつのクリエイティビティ敗北宣言である。


伝えるために徹底的に手を尽くせ。「わかられない」という経験が重要だ。


何も文章のみが手段ではない。音楽でないと伝えられないこともあるだろうし、絵じゃないと伝えられないこともあるだろう。料理じゃないと、TikTokじゃないと、その他にも、色々。どれを選ぶのかはあなた。それが「個性」なのかなぁ。


そこまでして伝えたいことが自分のなかにあるのか?
しかも誰かに何かを伝えなくたって、ひとは生きていける。なぜそうまでして、誰かに何かを伝えたいんだろう?なぜひとはクリエイティブでありたいんだろうか?


しかも、伝えたいことが伝わらないばかりか、意図していないことが伝わったりする。
なんなんだろう、本当に。
もうぜんぜんわからない。
クリエイティブって何なんですかね?



そんなことばっかり考えているし、仕事にはまったく活かせそうもない。




小林秀雄が、わかるということとはつまり…ということを書いていた。『学生との対話』という本なんだけど、この間売ってしまった。何て書いてあったかなぁ…。

文庫版がたしか新潮文庫から出ていたし、おすすめ。

「講演は絶対に録音するな!」と言っていた小林の目をかいくぐって録音した講演録。
そこまでして記録したい、後世に残したいっていう講演って、ある?

お風呂最高ブログ

こんにちは!


皆さん、お風呂に入ってますか?
お風呂って最高ですよね。


いつもシャワーで済ませていたんですが、
たまには!と思って浴槽に湯を張り、
入浴剤を入れて浸かってみたんです。


すると!


疲れが取れる〜〜〜〜!!


身体が嘘みたいに軽くなる😍😍


ちなみに使った入浴剤は「バスソルト」!


皆さんも是非使ってみて、日々の疲れから解放されて下さい!







アフィリエイトで稼ぎて〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!
俺は!!!!!!アフィカスになる!!!!!!!!!ドンッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

実況!パワフルプロ転職

 

個人と組織が戦ったらまず間違いなく組織が勝つ、といったことを村上春樹がどっかで書くか言うかしています。

 

ひとりひとりが社会に対して屹立しているわけではなく、何か大きなシステムの中に組み込まれているような。「わたし」は既に決定されたことをただなぞっているような。誰かの手の平で踊らされているような。

夥しい数の人間がいる。でも、たとえば信号待ちで隣に立っているひとの、その人生に、僕はまったく関わることがない。できない。夥しい数の人生。そのなかのひとつでしかない自分。そう思うのもまた、誰かに…

 

とかそんな陳腐なことを、東京では考えたり。

 

f:id:BaseBassBrass:20181119104742j:image

 

 

金曜から日曜にかけて東京にいました。

 

何故か?そう、転職活動のために!!

(もし同僚が見てたら、会社には内緒にしててください!お願い!)

 

某出版社に履歴書を送ってみたら通ったので。筆記試験を受けに行っとりました。

人生がかかった試験、しっかり対策をしたかったので、前日には東京入りしてたけど友達と会ったり飲んだりはぐっとこらえました。

 

出版社の筆記試験って独特で、「日本三大随筆は?」「今年のオリンピックで日本が取ったメダルの数は?」「次のうち芥川賞作家ではないのはどれ?」などととにかく何が出るかわからない。一般常識と時事問題を頭に叩き込んで臨んだわけですが、

 

f:id:BaseBassBrass:20181119100003j:image

(新宿のカフェに10時間くらいいた。)

 

試験はそんなん全く出ず。漢字の書き取りと、「出版不況のなかで本をどう売るか」を問われる試験でした。僕はYMO吉本隆明についてめちゃくちゃ書きまくった。受かるかな〜

 

f:id:BaseBassBrass:20181119110421j:image

(試験会場のそばの神社で神頼みした。手前のネッコは呼んでも全然来てくれなかった)

 

 

試験が終わったので、念願の二郎を食べに。

 

f:id:BaseBassBrass:20181119101706j:image

 

泥沼スープに輪ゴムみたいな麺。チャーシューはなんかシーチキンの味がしました。エス・イスト・グート。

急に「トッピングどうします?」と訊かれたので「えっ、あっ、普通で…」といったらこんな感じで出てきました。初見にはつらすぎる注文体系。

隣の席の大学生が「全部マシ、脂カラメ、脂は塊を入れてください」という頭のおかしなやりとりをしてた。

またリベンジしたい。

 

その後、新宿のブックオフへ。西口店と東口店行ったけどどちらも品揃えが神過ぎ。『大森荘蔵セレクション』『天の川銀河発電所』『笹まくら』『記憶に残っていること』『さして重要でない一日』『ディスコ探偵水曜日』…全部買いたかったけど旅費で財政破綻しかかってるので我慢。

結局、堀江敏幸とか宮台真司とかの文庫本を購入。

 

わたし、旅先で本を買うのが好きで。

3年前の就活で講◯社に行ったときは村上龍限りなく透明に近いブルー』、◯潮社に行ったときは長田弘『世界は一冊の本』を買い、読みながら空港泊したもんです。関空では『旅のラゴス』を読んだなぁ。

大塚のカプセルホテルに泊まったときは村上春樹の『アンダーグラウンド』をずーっと読んでた。ホテルの煙草臭い、きったない待合室で。

 

僕は過去のことをすぐ忘れてしまうので、「あのときあの場所であの本を読んだ」と、マテリアルに結びつけないとだめなんです。

でも、本の内容と旅の思い出が混ざりあって、なかなかいいもんですよ。

 

f:id:BaseBassBrass:20181119100207j:image

 

 

夜は泊めてくれた友達と飲みに行きました。高校んときの友達。卒業して数年経っても付き合いがあるってほんとにありがたい。

 

f:id:BaseBassBrass:20181119103944j:image

(偶然にも「シング・ストリート」のエイモン君と相席に。エイモン君執拗にアブサンを勧めてくるので辟易しました。)

※エイモン君↓

f:id:BaseBassBrass:20181119181801j:image

 

東京では自分の存在をアピールできない人は蔑ろにされますね。人が多いからって人間の価値は変わらないはずなのにね。マジでおのぼりさんの感想だけど。でも友人達はしっかり生きていて、お母さんは安心しました。

 

日曜は朝4時に起きて新宿へ。駅地下にハトいっぱいいて「ハトいっぱいいる〜〜!どうして〜〜〜〜?!」ってなった。バスタ新宿の場所もわからんしどこのコンビニもトイレ使えないしで終始やられっぱなし。

 

f:id:BaseBassBrass:20181119104823j:image

 

7時半発の飛行機に乗って鹿児島へ。朝東京にいたのに夕方には鹿児島のイオンにいたので「あれ?俺いまどこにいるんだ?」ってなるね。

 

試験が通れば12月に面接。普通に落ちたらウケるけど、なんとか通ってまた東京に行きたいやね。転職活動についてはまた追々書きます。どうか会社には内緒にしててくれ。(じゃあ書くなよ)

 

あ、本の紹介。こうやって本ブログにしていきたい。

 

今回は移動中、くるりを聴きながらショーペンハウアー『読書について』を読んどりました。ショーさんずっとイライラでワロタ。読書は無条件に良いものと思ってる人はびっくりする内容かもしれない。「思想本来の息吹は、言葉になるぎりぎりの点までしか続かない」から、思想がゴミクズ化した本なんか読むな!自分の頭で思索を深めろ!ヘーゲル死ね!とか言ってる。頁数も少ないし読みやすいです。

 

よければ、読んでみてください。

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4334752713/ref=tmm_pap_title_0?ie=UTF8&qid=1542595316&sr=8-2

 

f:id:BaseBassBrass:20181119123305j:image

 

(記事タイトルは某ツイ廃パパのブログからパクりました。本歌取りってやつですね。)

森見登美彦『四畳半神話大系』

感じたことをうまく文章にすることができなくなってしまっているな、最近つくづく思います。


そして、「時間がないからやらない(=時間があればできる)」から、「時間があっても(能力的に)できない」になってしまうんですね。それは非常にまずい。

なので、たまにはこういった長文を書いていってみようかなと思ったわけです。
つまりリハビリのためのブログです。

とすると、僕は音楽や本が好きなので、「僕は音楽や本が好きです!」といったことをつらつらと書けばいいのかな、と思うのです。レビューとかそんな大層なことはできないですし。

そういった感じでお願いします。

というわけで始めてみたものの、ブログ難しい!
勝手に字が大きくなったり小さくなったりゴシック体になったりする!


今日は森見登美彦四畳半神話大系』について書きます。(ネタバレ無し)

なぜこの本を記念すべき第1回目に紹介するか。それは僕が読書の沼に引きずり込まれる、きっかけの本だからです。

この本を読んだのは僕が大学3年生のときで、わりと人生の岐路的なところに立たされておりました。大学生というのは時間ばかり持て余しているから、自意識ばかりマッチョになってしまうんですね。狭い頭の中に世界をつくって、ああでもないこうでもないと思い詰めていたわけです。

そんなときにたまたま書店で手に取ったのがこの本です。

読んでみると、主人公が当時の自分と同じ大学3年生で、境遇がめちゃくちゃ自分と重なっていた。いま読み返せばそんなに重なってもないんですが、とにかく当時は「重なってるぜ!」と感じたのです。

「自分みたいな人間は世の中にけっこういる」ということを本を通じて知った、初めての経験でした。すごく心持ちが楽になったのを覚えています。そしてそこから、「小説、おもしれえじゃん」となっていきました。

きっかけというのはどこに落ちているか本当にわからないですね。僕が読書好きになるなんて完全に想定外でした。宇宙兄弟』のなかで「何かに興味を持つきっかけは案外たいしたことないもの」といった趣旨のやりとりがありますが、まさにそういうことだと思います。
たぶん、あのときの、あの場所での自分でなければ、『四畳半神話大系』を読む意味はおそらくありませんでした。


もし興味があれば、読んでみてください。


四畳半神話大系 (角川文庫)

四畳半神話大系 (角川文庫)